About

大澤秀一率いる
コム・ンの
グルテンフリー専門店

大澤秀一率いる
コム・ンの
グルテンフリー専門店

膨らませる、固める、風味を出す。
パン作りにおいて小麦は、切っても切り離せない重要な要素です。

でもその小麦が原因で、パンを気軽に手に取るという行為を制限されてしまう人たちもいます。

小麦を使わずに、美味しいパンをあたり前に楽しんでもらうには。
小麦の入っていない素材で、満足感のある選択肢を提供するには。

commen gf

世界の舞台でパン職人としての技を競ってきた大澤秀一、そして自身も小麦アレルギーに苦しんだ経験をもつ佐藤を中心に、コム・ンがパン作りに必要な素材選びやタイミング、製法の順序まで、本気で見直しました。

コム・ンがこだわり続けた美味しいパンを、グルテンフリーで出す。

限られた店舗スペースの中には、定番のジャンボン・ブールなどシンプルながらもこだわりのパン、そして食材の選択肢をできる限り詰め込みました。

「グルテンフリーという言葉のもつ印象や、視点を変えたい」

パンだけではなくお菓子や調味料、お惣菜など、小麦は様々なところに使用されています。

だから、食材からソースまで、すべてグルテンフリーでつくっています。

普通のパンを、自由に選べる安心感。
グルテンフリーでも、好きな味で迷える時間と体験。

アレルギーをお持ちの方も、身体のことが少し気になっていた人も、消去法ではなくワクワクして選べるパンたちが、お待ちしています。

Owner Chef Shuichi Osawa

Owner Chef Shuichi Osawa

大澤 秀一

群馬・高崎のベーカリーを営む家に生まれる。幼いときからパンがあたり前のように身近にある環境に育ち、自ずと自身もパンの道へ。 2012年より、神戸「Ca marche」西川功晃シェフのパン職人としての姿勢や考え方に感銘を受け、師事。その後高崎市へ戻り、自身のベーカリー「Comme’N」を立ち上げる。実店舗は駐車場に建てられたプレハブ小屋という限られたスペースながら、2019年第7回「モンディアル・デュ・パン」世界大会に日本代表として出場。
6部門のうち3部門を制し、日本人初の総合優勝を成し遂げ、見事世界一の称号に輝いた。
2020年8月、東京・九品仏に「Comme’N TOKYO」をオープン。

Sous Chef Yuna Sato

Sous Chef Yuna Sato

佐藤 優奈

埼玉生まれ。見学に訪れたパン教室がきっかけとなり、中学卒業後パンづくりの道へと進む。料理専門学校を経て、大阪の「PATELIER FUKUMORI」へ。
この頃から徐々に小麦に対するアレルギー症状が出始め、実家から近いパン修行の場として「コム・ン」へとたどり着く。しかし小麦が多く使用される環境のなかで体調を崩し、退職。その過程においてもパンづくりへの想いは強く、シェフ大澤らのサポートを得て“小麦を使用しない”グルテンフリー専門店の立ち上げメンバーとして復帰。2022年、東京・九品仏にオープンする「Comme’N GLUTEN FREE」スー・シェフとして着任。